本文へ移動
2019年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2020年1月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
株式会社七福神不動産
〒960-8113
福島県福島市旭町5番33号
七福人ビル1階
TEL.024-525-5580 
FAX.024-535-0055 
営業時間:平日8:30-18:00/土曜8:30-12:00/日曜休み
不動産の売買、交換、賃貸
不動産の売買、交換、賃貸の仲介業
不動産コンサルティング業

空き家対策 ~ ご実家は大丈夫ですか?

空き家が増えています

 2013年の調査では、東日本大震災の影響から福島市の空き家件数は一時的に減少しました。
 しかし、2008年までの空き家数や空き家率とも増加傾向であり、東日本大震災の影響が一服し、将来的な空き家数・空き家率の増加が予想されています。
 
【福島市内の空き家・統計値及び予想値】
2013年 2020年 2025年
空き家数(件) 15840 17414下に曲がる右矢印(青) 18323下に曲がる右矢印(青)下に曲がる右矢印(青)
空き家率(%) 12.1 13.0下に曲がる右矢印(青) 13.8下に曲がる右矢印(青)下に曲がる右矢印(青)
                    福島市空家等対策計画より

空き家のデメリット

老朽化・資産価値の低下

 誰も住む人がいなくなれば、換気や修繕が行われず、資産価値が大幅に低下します
 また、人口の減少・空き家の増加により、供給が過剰となり、相対的に資産価値が下がっていきます
 

ご近所トラブルの原因

 倒壊の恐れ、景観の悪化、不審者の出入り、害虫の繁殖、悪臭・火事の恐れなど、管理されていない物件は様々なトラブルの原因となります。
 もしご自身のお隣様がそのような状況だったら、貴方はどう思いますか?
 もし、被害が発生すれば損害賠償を請求をされる恐れがあります。
 

固定資産税等が高くなる場合がある

 空き家といえど固定資産税は、毎年課税されます。
 また、「特定空家」となると固定資産税・都市計画税等の軽減を受けることができなくなり、最大で6倍にもなります。

福島の空き家のご相談は、七福神不動産に。

空き家問題の解消、空き家の活用を考えてみませんか?

空き家の問題は、時間が解決はしてくれません。
時間をかければかけるほど、資産価値は低下し、問題を複雑化させます。
 
一度、空き家についてご相談してみませんか?
 
菊池法務総合事務所と連携して、
所有者様それぞれのご事情に合ったご提案をいたします。
 ○ 相続問題の解消
 ○ 空き家の活用(賃貸、処分)
 ○ 空き家に対する定期巡回サービス  など
 
空き家問題を解決するのは、真剣に向き合い始めた今がチャンスです。

相続・空き家のご相談は菊池法務総合事務所へ

相続およびその他の登記に関するお問い合わせ・ご相談・御見積依頼を提携する司法書士・行政書士事務所にて受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

≪一般社団法人 相続・遺言センター 菊池法務総合事務所≫
福島県福島市旭町5番33号
TEL:024-525-5331
TOPへ戻る