本文へ移動
2020年5月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2020年6月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
株式会社七福神不動産
〒960-8113
福島県福島市旭町5番33号
七福人ビル1階
TEL.024-525-5580 
FAX.024-535-0055 
営業時間:平日8:30-18:00/土曜8:30-12:00/日曜休み
不動産の売買、交換、賃貸
不動産の売買、交換、賃貸の仲介業
不動産コンサルティング業

認知症に備える(民事信託・家族信託)

認知症なると財産は凍結します。

所有者が認知症になると、資産は凍結します。(本人の財産を守るため)
 
つまり、預貯金を引き出せなくなったり、
不動産であれば、「売却」「契約」「管理」「修繕」「賃貸」が出来なくなります。
(例)・介護施設入所費用にあてるはずの自宅を売却できない・・・困り果てた顔
  ・アパートの大規模修繕をしたいが、できない・・・動揺した顔
  ・共有名義のお一人が認知症・・・、管理処分ができない青ざめた顔

民事信託・家族信託 ~ 認知症から資産を守るために

民事信託って? 家族信託って?? 何???
 
信託は、
〇 自身(=委託者、例えばお父様)の財産
〇 信頼できる人(=受託者、例えば長男様)に託し、
〇 家賃等の利益をもらう人(=受益者、例えばお父様)のために
〇 その思いに従って、管理や処分してもらう財産管理の方法です。
 

こんな形で活用されます(ご実家編)

物忘れが多くなったお母様、マイホームをお持ちの長男様との間で、実家を売却する権利を託しておきます書類
お一人暮らしのお母様の認知症が進み、介護施設の入居の必要が出てきました困り果てた顔
入居一時金・毎月の入居費用も、高額に・・・ギクッとしたマーク
長男様に売却する権利を託していたため、実家を売却し、介護費用としました口を広げてにっこりした顔

安定した「アパート経営」のために活用(賃貸物件編)

アパートを所有されているお父様と長女様で、アパートについて民事信託契約を結びました書類
毎月の家賃はお父様(第一次受益者)にお渡しします。
お父様が亡くなった後は、お母様(第二次受益者)にお渡しします。
 
お父様・お母様の認知症が発症された後も
突然の大規模な修繕が必要になっても、長女様が修繕をすることが出来ました口を広げてにっこりした顔

七福神不動産は、所有者様を全力でサポートさせていただきます。

七福神不動産は、菊池法務総合事務所と連携して、所有者のご負担が軽減されるよう、全力でサポートいたします。
 
お気軽にご相談ください口を広げてにっこりした顔

民事信託・家族信託のご相談は菊池法務総合事務所へ

相続およびその他の登記に関するお問い合わせ・ご相談・御見積依頼を提携する司法書士・行政書士事務所にて受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

≪一般社団法人 相続・遺言センター 菊池法務総合事務所≫
福島県福島市旭町5番33号
TEL:024-525-5331
TOPへ戻る